『ベルリン大聖堂イラスト図解:The Berlin Cathedral Explorama』美しすぎる図解の魅惑

スーベニアショップで購入

2019年にベルリンに行った際に、ベルリン大聖堂にも行きました。ヨーロッパのこういった大聖堂に入るのは初めてだったこともあって、非常に感動しました。

出口のところのスーベニアショップで見かけて購入したのがこの図解です。

地図のように折りたたまれて売られていました。2.5ユーロ。
お土産として買って帰るのにちょうどよい値段です。

精巧な絵柄

これが、聖堂の外観はもちろん、内部を細かく描いていてすごく美しいのです。

大聖堂の中に入って感動した者からすると、「よくぞ、こんなに素晴らしいものを作ってくれた、ありがとう」そんな気持ちになります。

ものすごい手間

私自身、資料をたくさん用意して歴史的な建築物のイラストを描いてもらった経験があります。

私はその建築物を取材で見ました。でもイラストレーターは見ていませんでした。

それでいろんな資料が必要になるのですが、実際に見たことのないものを、イラストレーターに描いてもらおうとして伝えることは、ものすごく大変なのです。

ベルリン大聖堂の場合は、この絵を描いた人がベルリンに住んでいたようです。とはいっても、おそらく何十回も通って描いたのだろうと思います。

持っているだけで幸せ

この絵の素晴らしさについては、ネットで見ても、わーすごい! と思うでしょうが、物として持っておくことができるのが、こういうお土産のよいところです。

描いた人には、売れるたびにお金が入り、企画した出版社にもお金が入る。

こんな幸せな循環のある印刷物を作ってみたいものです。

この会社はベルリンの中心部のイラスト地図も作っていました。

こちらも丁寧なイラストで建物が1点ずつ描かれていて、ベルリン大聖堂もちょこんと描かれています。

日本でもこんな出版物があり得るのかもしれません。

hosokawakobo
細川生朗 Hosokawa Seiro
1967年生まれ。1991年に情報センター出版局に入社。『水原勇気0勝3敗11S』『いちど尾行をしてみたかった』『笑う出産』などのヒット作を編集。1994年に『きょうからの無職生活マニュアル』、1998年に『旅の指さし会話帳①タイ』を企画・編集。いずれも累計100万部以上のシリーズとなる。2001年に情報センター出版局を退職。その後、フリーの編集者として、実用書を中心にした単行本の企画・編集、自費出版の写真集や記録集の編集、社史の編纂などを手がけつつ、指さし会話帳シリーズの編集も続けている。